肥満体質の改善で健康になろう

肥満体質を改善しよう
「肥満体質」を改善して健康になる近道は「腸内環境を整える」ことが大切です。最近の報告では、腸内には「デブ菌」と「痩せ菌」の二つが存在し、肥満傾向にある人にはこの「デブ菌」の比率が高いことが原因と言われています。デブ菌を増やしてしまうのは、高カロリーで脂肪分や糖分の多い食事です。お菓子やジャンクフードを、日常的に食べる機会が多い人は減らすことで改善ができます。逆に、発酵食品である納豆や乳酸菌を含むヨーグルト、食物繊維を含む野菜を継続的に食べ続ければ、「痩せ菌」が増えて、次第に腸内環境も整い「痩せ体質」になれるでしょう。特に、納豆は、納豆菌が生きたまま腸に届くことができるので、ぜひ取り入れたい食品です。

デブ菌・痩せ菌関連情報
デブ菌とダイエットの関係
痩せ菌とダイエットの関係

太ったら、運動しよう
20代から衰える基礎代謝は、身長、体重、サイズがある人が比例して高くなるものですが、筋肉量で比例して高くなります。あまり運動してなくて筋肉量が減ると、太りやすく、また、年齢によっても消費エネルギーが変わるので、基礎代謝量が落ちます。運動不足が原因の場合は、ウォーキングやジョギング(有酸素運動)が体脂肪を一番燃やしてくれて効果的です。でも、運動不足が続くと太り、体脂肪が増え、筋肉も落ちて太りやすくなります。運動不足の場合は、体の古い脂肪の新陳代謝が悪くなり、セルライトができる原因のひとつです。

カロリーコントロールで健康な体を作ろう

健康ブームで、いろいろな健康情報が溢れていますが、その中でも健康と寿命に関する健康法がカロリーコントロールです。これは、カロリーを減らすことで、DNAの中にある長寿遺伝子を発動しようとする方法です。

カロリーコントロール関連情報
カロリー制限と長寿について
働く人のためのカロリーコントロール法について

ダイエットなどで、空腹感を感じることでDNAの中にある生き残るための遺伝子が働くことを利用した方法です。この長寿遺伝子を発動することで、身体で健全な状態に近づくことが可能というのが最近になって分かってきました。日本では、昔から腹八分目と言われてきましたが、このことが科学的に証明されることになったわけです。カロリーコントロールによって、長寿と身体の健全性を取り戻すことが可能なのです。単なるダイエットとは違い、お腹が減ったときに食事をすることと、カロリー自体を低くする方法がポイントです。

毎日出来る健康術を紹介します

「健康のために何かをはじめよう」などと、思わなくてよい気軽なものを続けていると、いつの間にか習慣になり、気づかない間に無意識で行うようになるので好循環が生まれます。
食生活では、葉物野菜を取り入れるのがおすすめです。調理方法は何でも構いません。
そして、野菜から食べるようにしましょう。
血糖値の急上昇を抑えるために野菜を最初に一皿食べるというのは知られるようになりましたが、この葉物を一口だけ最初に口にする方法はさほど苦痛でもなくおすすめです。
この方法は、最初に繊維質の噛み応えのあるものがお腹に入るため、胃を刺激してその後の消化を良くするだけでなく、満腹中枢を刺激してすぐに満腹感を得られ、食べ過ぎを抑えることになります。
運動面では、特に何かをするわけではなく、例えば洗面所で手を洗う間の足踏みや、階段を爪先立ちで上がるというだけでも効果があります。
デスクワークの方も、仕事をしながら太ももを椅子の座面から少し浮かせるという動作を左右交互に行うだけでも効果が得られます。
健康のための運動や食生活の改善というと、なかなか長続きしないものですが、このような簡単なものほど実は効果的で続けやすいのでおすすめです。

健康な人でも起こりうる「頭痛」

どれだけ毎日元気で健康な人でも、体の一部に症状が出てしまうことがあります。特に「頭痛」などは、その時の体の状態に合わせて敏感に症状が出やすいこともあるのです。原因としては、精神的にストレスがかかっていて急に解放された場合や、寝すぎまたは睡眠不足などの場合などに血管の収縮が激しくなるため起こりやすくなります。合わせて空腹や疲労などから起こる場合もあります。緊張型頭痛と呼ばれる頭痛もあり、その原因としては頭の筋肉や肩周辺の筋肉が緊張することで起きます。パソコンを長時間見ていたり、デスクワークなど長時間体が緊張状態である場合になりやすくなります。以上から普段は体が健康であっても、その時のストレス状況や生活リズムによって体に症状が出てしまうのです。