お化粧やスキンケアを楽しもう。お肌は大切にね

お化粧を楽しもう

特に会社勤めをしている女性は、どんなに前の日の帰りが遅くても、毎朝きちんとお化粧をしてから出掛けなければいけないという大変さは男性の方には分かってもらえないでしょう。たまに寝坊してしまった時など、お化粧をしないで出勤してしまいたくなる事もありますよね?

お化粧に限らずスキンケアに関しても同じようなことが言えます。一般にお肌の曲がり角は25歳だと言われていますが、そんな年齢の時はマメにお肌のお手入れをしてるヒマは正直ありません。

仕事はもちろん、恋や遊びに夢中でスキンケアまで手を回す余裕はありません。スキンケアに興味を持つのは年齢にすると三十代前半、きっかけ別で調べてみると「顔のどこかにシミやしわが気に始めた時」「失恋した時」が上位を占めていたそうです。若いうちからお肌は大切にしましょうね。

乾燥は肌老化防止の最大の敵

肌の老化防止のために最も大切なことは、保湿ケアをすることです。年を重ねると、徐々に肌本来が持つ保湿力が失われていき、肌全体が乾燥してごわついた印象になりがちです。乾燥させないようにしっかり保湿ケアして、乾きからお肌を守るようにしましょう。

そのためにはお風呂上がりに保湿クリームを塗って外側から守るほかに、サプリメントを摂取し内側から補うことが効果的です。肌に潤いを十分に与え、乾燥に負けない美肌をいつまでも保つ努力をしましょう。

ニキビの予防や改善にビタミンはおすすめ

ニキビを防ぐなら、ビタミン系の成分が入る食べ物を選びましょう。とくにビタミンBには、脂を燃やす働きがあります。納豆やチーズ、鶏のササミなどにたくさん含まれています。ニキビで悩まされる方は、この2つの健康成分を含む食材を毎日食べるようにしましょう。

また亜鉛を含んでいる食材というのも、肌を復活させるといわれていますから、亜鉛を含んでいるカキや胚芽(はいが)、煮干や牛肉などをたくさんとるとニキビ対策になります。