カロリーコントロールで健康な体を作ろう

カロリーコントロールして肥満体質を改善しよう

健康ブームで、いろいろな健康情報が溢れていますが、その中でも健康と寿命に関する健康法がカロリーコントロールです。これは、カロリーを減らすことで、DNAの中にある長寿遺伝子を発動しようとする方法です。

これは、空腹感を体に覚えさせ、DNAに刺激を与える方法です。この長寿遺伝子を発動することで、身体で健全な状態に近づくことが可能というのが最近になって分かってきました。日本では、昔から腹八分目と言われてきましたが、このことが科学的に証明されることになったわけです。

1日に必要なカロリーを知り、栄養ある食事を心がけましょう。しっかりと栄養ある食事を取ることで、長寿と身体の健全性を取り戻すことが可能なのです。単なるダイエットとは違い、お腹が減ったときに食事をすることと、カロリー自体を低くする方法がポイントです。

毎日出来る健康術を紹介します

「体のために何かをはじめよう」などと、思わなくてよい気軽なものを続けていると、いつの間にか習慣になり、気づかない間に無意識で行うようになるので好循環が生まれます。まずは食生活の見直しから、食事は野菜を中心に考えて食べる順番も野菜から食べるようにしましょう。

なぜ、先に野菜から食べるのかというと、簡単に言えば食べ過ぎを抑えるためです。野菜は胃の働きを良くするため、すぐに満腹感が得られるのです。運動面では、特に何かをするわけではなく、例えば洗面所で手を洗う間の足踏みや、階段を爪先立ちで上がるというだけでも効果があります。

デスクワークの方も、仕事をしながら太ももを椅子の座面から少し浮かせるという動作を左右交互に行うだけでも効果が得られます。